トップ > 活動 > 2001年 > 第2回研究会

高エネルギー宇宙物理連絡会 第2回研究会(宇宙科学研究所宇宙圏研究会共催)

「21世紀の宇宙観測計画(高宇連シンポジウム)」

 下記の様に高宇連研究会を開催致しました。 

今年度のテーマは「21世紀の宇宙観測計画」ということで、観測装置(稼働中 か ら、計画、あるいは計画予定も含む)を中心として、関連するサイエンスのトピ ックスの 話を、電波、赤外、可視、X、γ(低エネルギー)、γ(高エネルギー)、ニュー トリノ、重力波、粒子線、地上実験(素粒子)、地上実験(原子核)、地上実験 (レーザー)という広い範囲を網羅し、広い視野での宇宙観測の方向性を議論 しました。

 記 

 

プログラム 

8月20日(月) 

  座長 高橋忠幸(宇宙研)  
13:30 「VERAとVLBI天文学の展望」 三好 真 (国立天文台)
14:00 「ミリ波・サブミリ波で宇宙を探る:ALMA」 長谷川哲夫(国立天文台)
14:30 「宇宙の歴史を探る:ASTRO-F そして SPICAへ」 中川貴雄(宇宙研) 
15:00

休   憩

  座長 河合誠之(東工大)  
15:15 「スペースからの太陽観測」(canceled) 常田佐久(国立天文台)
15:45 「多層膜スーパーミラー硬X線望遠鏡による気球観測実験」 田原 譲((名大理)
16:05 「γ線バースト観測衛星Swift衛星とBurst Alert Telescopeの開発」 田代 信(埼玉大理)
16:35 「電波領域からの話題−スペースVLBIとSKAについて−」 平林 久(宇宙研)
16:55

 休  憩

 
17:05

高宇連 総会

 
18:00

懇親会

 

8月21日(火)

座長 窪秀利(京大理) 
 9:30 「CALETによる宇宙線観測計画」 吉田健二(神奈川大工)
10:00 「K2K実験の紹介と現状」 長谷川琢哉(東北大)
10:30

休  憩

座長 田原 譲(名大理)
10:45 「不安定原子核の反応と元素合成」 本林 透(立教大理)
11:15 「レーザー干渉計による重力波観測」 三尾典克(東大工)
11:45 「宇宙由来新粒子の探索実験」 蓑輪 眞(東大理)
12:15

昼  食

座長 宮田恵美(阪大理)
13:30 「高強度レーザーを用いた実験室天体物理−流体力学的不安定性と輻射ジェット形成実験−」 疇地 宏(阪大レーザー研)
14:00 高地でのエアシャワーアレイによるガンマ線の観測」 水谷興平(埼玉大理)
14:30 「小型衛星による、多重コンプトンカメラを用いたガンマ線バーストからの偏光測定」 高橋忠幸(宇宙研)他
14:50 「最高エネルギー宇宙線」 手嶋政廣(東大宇宙線研)
15:10 「EUSO計画」 清水裕彦(理研)他
15:30

休  憩

座長 常深 博(阪大理)
15:45 「ワイドバンド ハイブリッドX線偏光撮像分光器とそのサイエンス」 鶴 剛(京大理)他
16:05 「広視野X線分光によるMissing Baryonの探査」 満田和久(宇宙研)他
16:25 「全天X線監視装置 MAXI」 三原 建弘(理研)他
16:45 「宇宙すばる望遠鏡による天文学」 戒崎俊一(理研)他
17:05 「DECIGO (DECi hertz Interferometer Gravitational wave Observatory in Space)」 中村卓史(京大基研)他
17:25 「「なんてん」による南天の星形成領域、マゼラン銀河の分子雲広域探査」 大西利和(名大理)他
17:45

終  了

研究会世話人:北本俊二(立教大)

LOC:山崎典子(都立大)

窪秀利(京大理)

宮田恵美(阪大理)